横浜愛隣幼稚園|神奈川県横浜市|あいりん通信|未就園児クラス

 

園長先生ご挨拶

 

横浜愛隣幼稚園 園長 佐野 治

横浜愛隣幼稚園 園長 佐野 治
 
 

 

 
 
◆幼稚園入園をお考えの保護者の皆さまへ◆
 
 
 
子どもにとって最も大切なものは、おかあさんの愛情です。おかあさんと家族に愛され、受け容れられているという信頼関係によって、子どもは豊かな成長ができるのです。
 
幼稚園は、子どもの社会生活の出発です。子どもが人間として社会で生きていくために必要な「社会力・・・人の集まる社会に適用するだけでなく、未来の社会を創っていく力」の土台創りの場です。子どもたちは、幼稚園で思いっきり遊び、友だちと出会い、共に生きていく力を身につけます。
 
私たちの幼稚園は、見えるものだけでなく見えないものを大切にし、子どもの成長にかけがえのないものに目を注いでいます。愛や希望や信じる心は目に見えませんが、無くてはならないものです。キリスト教による礼拝やお祈り、聖書のお話は、子どもの心を豊かにしています。今の日本の子どもたちは、自尊感情が貧しくなっています。自分を好きになり、人を大切にすることができるように、一人一人の人格を育てています。
 
私たちの幼稚園は、子どもだけでなく、おかあさんや家族の皆さんが、子どもの成長に共に関わることができるように工夫をしています。幼稚園に来て、子どもの成長を共に喜ぶことができます。また、おかあさん同士の交わりが豊かで、生涯の友と出会うこともできるでしょう。
 
「一人の子どもが大人に成長するためには、村全体が必要である」と言われますが、私たちの幼稚園は、どの子に対しても幼稚園全体で成長を見守り、関わることを大切にしています。
 
わが子の幼稚園を探している保護者の皆さま、一度、お出かけください。豊かな自然と木のぬくもりの中で、伸び伸びと遊んでいる園児と教師たちがお待ちしています。
 
□ 子どもたちが大好きなお父さん・お母さんへ、園長先生からのお願い
 

1, 子どもがお腹に宿った時から心臓の音(心音)がみな違うように、子どもの個性・発達はそれぞれに違います。決して比べることなく、子どもの成長を心から信じて祈りつつ待つ大人であって頂きたい。


2, 幼児期に一番大切なことは、十分に遊ぶことです。創造的な遊びの環境の中で、自分らしい遊びの喜びを是非体験させてあげて下さい。何にでも興味津々、意欲的な心を育てます。違う年齢の子ども同士が一緒に協力して遊ぶ「自由遊び」も豊かな知恵と人間関係の力を育てます。


3, 子育ては、実は親が育つ時です。子育ては、毎日本当に苦労の連続です。でも、親同士が子育てを通してつながり合い、助け合い、喜び合う成熟した「親」を目指してみませんか。生涯の「親友」(おやとも)と出会いましょう。


4, 平和を造り出す子どもを育てましょう。集団生活で調和するということは、お互いが違うということを認め合える関係を築くことが大切です。たとえ、喧嘩をしたりぶつかりあっても、和解できる心を幼児期に養うことが平和の子どもを育てるコツです。

<<横浜愛隣幼稚園>> 〒220-0046 神奈川県横浜市西区西戸部町2-144 TEL:045-231-8065 FAX:045-241-2411