横浜愛隣幼稚園
〒220-0046
神奈川県横浜市西区西戸部町2-144
TEL.045-231-8065
FAX.045-241-2411

 
 
0
4
0
5
2
0

あいりん通信 過去のお知らせ一覧

園長先生のお話(秋の行事によせて)
2013-09-30
●園長先生からのメッセージ
 
“わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい” (ヨハネによる福音書15章12節)
 
秋の涼しさ、心地良さを感じる季節となりました。秋は、食欲の秋、運動の秋、読書の秋などと言われます。
 
9月下旬、愛隣幼稚園ではプレイデーがありました。愛隣幼稚園で行うのは、運動会ではなく“プレイデー”です。その行事のためだけに練習をするのではなく、普段の幼稚園生活の中で行った、楽しかったことや好きなこと、遊びを思い出させるようなプログラムで行います。ですので、得点や順位を競うのではなく、子ども達とお家の方、そして教師が、共に精一杯身体を動かして、のびのびと楽しく過ごすことを目的としています。
 
また、学期に一度、こどもの友社のご協力により、絵本の展示会が行われています。その季節に合った絵本を1000冊ほど展示し、子ども達は、その中から気に入った本を選び、お家の方に読んでもらうのです。親子で体を寄せ合いながら、ゆったりと流れる時間を思う存分共有しています。どんなに時代が変わろうと、親の思いは昔も今も同じで、子どもには「心身ともに健康に育ち、豊かで幸せな人生を歩んでほしい」と願っているのではないでしょうか。多くの大人から愛された子は、自分が好きと思えるようになり、人を信頼し、多くの事に関心を示し、失敗をしたとしても、前向きに捉えて望んでいくようになります。そして、人とのコミュニケーションも自然と上手になっていくのです。しかし、核家族化や環境の変化により、多くの人からの愛情を受けることが難しくなっています。そんな時代の中で、ぜひ続けて頂きたいことは、二人で密度の濃い関わりを持つことができる絵本の読み聞かせです。一度しかない幼児期です。「今」を大切にし、親子の触れ合いを楽しんでほしいと願っています。
 
主イエス様唯一のご命令は「愛する」ことです。まず、私があなた方を愛しているから、あなたもそばにいる人(隣人)を愛しなさい、と言っておられます。愛隣幼稚園は、お母さん方が子ども達と共に喜び、仲の良い人間関係を築いています。そして、幼稚園の根底には、キリスト教の「隣人愛」の教えが生きています。