横浜愛隣幼稚園
〒220-0046
神奈川県横浜市西区西戸部町2-144
TEL.045-231-8065
FAX.045-241-2411

 
 
0
3
9
0
3
9

あいりん通信 過去のお知らせ一覧

あいりん通信2月号
2012-02-16
うんとこしょ、どっこいしょ♪とうとう、だいこんはぬけました!!
✿本記事は、各クラスの先生が在園児のおうちの方向けに書いたニュースレター『あいりんトレイン』を基に構成しています。 
-
 
●やまぐみ(年長)・・・ケアプラザを訪問!
 
1月末、幼稚園近くのケアプラザで、地域の高齢者の方々との交流会がありました。1週間前にケアプラザに行くことを伝えると、みんな指折り数えてその日を楽しみにしていました。ケアプラザは園から歩いて20分程ですが、さすがに年長とあって歩くのにもすっかり慣れていて、予定より早く到着することができました!建物の中に入ると、スタッフの方のお話をよく聞き、靴をきれいに並べたり、上着をきちんとかけたり・・・テキパキ行動するやまさんに感心した先生でした。おじいさま・おばあさまと対面した時は少し緊張している子もいましたが、すぐに打ち解けておしゃべりを始めるやまさん達。その後は、一人一人前に出て、名前と好きな遊びを発表しました。みんな、堂々として立派でしたよ!一緒にふれあい遊びをした後は、大好きなカレーのお昼ご飯を頂きます。予想通りみんなたくさんおかわりしていました。食後は、いよいよお待ちかねの風船バレーです。実はこの日のために、みんな練習してきたんです!その成果か、3チーム中2チームが勝ちました。負けてしまったチームの「悔しい。」という声で、最後はジャンケン大会もして頂き、おじいさま・おばあさまとのプレゼント交換で交流会は幕を閉じました。本当に本当に楽しい1日だったようで、「楽しかったー(^O^)」と帰宅したやまさんがたくさんいたとのご報告を、お家の方より頂きました。ちなみに・・・やまさんからのプレゼントは、染め紙で作った入れ物です♪
 
-
 
 ●うみぐみ(年中)・・・うんとこしょ♪どっこいしょ♪
 
 最近、先生やお友だちが困っているのを見つけると、「大丈夫?」「手伝おうか?」と優しく声を掛けてくれるうみさん。そんな時、「園の畑にたくさんの大根ができました!」というお知らせが届いたので、早速うみさんに「大根を抜くの、手伝ってくれる?」と頼んでみました。みんな、「いいよー!!」と快く引き受けてくれ、うれしくなりました。畑に行く前に、大根の抜き方を尋ねてみると、『おおきなかぶ』の絵本を読んだことがあるせいか、声を揃えて「葉っぱを引っ張るんだよ!」との答えが返ってきました。でも、大根は葉っぱを持って抜くんじゃないのです。なんと、土から少し出ている白い部分を持って抜くのだそうです。それを聞いたうみさん達は、「え ーっ!」とビックリ。「早く抜きたい!」と待ちきれない様子でした。畑に行くと、「白いところってここだよね。」としっかりお約束を守って、引き抜くことができました。勢い余って尻もちをついている子、じっくり観察する子、「わーい♪」と踊りだす子もいて、とても楽しくお手伝いしました。そして、この日まで大根を育てて下さったあいりんファームの方々にも、感謝の気持ちを伝えることが出来ました。さて、この大根、その後の会食会で豚汁の材料として有り難く使わせて頂きました。ひよこさんが洗って、うみさんが皮を剥き、やまさんが包丁で切り、お当番のお母さま方が美味しく煮て下さいました。大根は苦手と言っていた子も、自分が抜いた素材だからでしょうか、食べることができました!
 
-
 
●ひよこ(年少)・・・憧れのやまさん❤
 
ある日、やまさんから「ホールでダンスをやってます!」というお誘いがあり、ひよこのみんなは「ダンス?」と目をキラキラさせながら見に行きました。音楽に合わせ、ポンポンを振りながら踊るやまさんを見て、みんな羨ましそう。きっと、あの言葉を言うかなあ?と先生が待っていると、やっぱり言いました。「やりたい!あのポンポン欲しい!」・・・そこで、ひよこさんもすずらんテープを使って、早速黄色いポンポンを作ったのですが、出来上がったところでチャイムが鳴ってしまいました。心残りだけれど、最後に一曲だけやまさんに踊ってもらい、その日は終了。さて次の日、登園するなり、ひよこさんは「ダンスやりたい!」の大合唱。この日は、やまさんと時間が合わなかったので、ひよこさんだけでダンスを踊ってみることになりました。先生が音楽をかけると、嬉しそうに踊り始めるひよこさん。ふと気づけば、「はい、回ってー!」とか「ジャンプッ!」などと、何となくみんなで合わせて踊っているではありませんか!そして、更に次の日。今度は何人かの男の子が空き箱を片手に「入れて!」とやってきました。「一緒にダンスするのかな?」と思って見ていたら、その空き箱をたいこに見立てて、演奏を始めたのです。その日から、ダンスをする女の子と、その隣りでたいこを叩く男の子のユニットで、楽しいひよこステージが始まったのでした。ダンスも演奏も、始まりはみんなやまさんの真似っこ。何でもできちゃうやまさんは、ひよこさん達の憧れなのです♪